トップ

宮川 花子 氏

© YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

宮川 花子
漫才師

第11回 2019年 2月22日(金)

「花子の生き生きライフ」

講師


宮川 花子 みやがわ はなこ

プロフィール


肩書き:
宮川花子氏(漫才師)(よしもとクリエーティブ・エージェンシー)
※2017年紫綬褒章受賞

略歴


1955年8月28日生まれ、大阪府出身。宮川大助氏と夫婦漫才の頂点に立つコンビ。
1979年、大助氏が妻である宮川花子を誘い「宮川大助・花子」を結成する。
当初は大助氏がよく喋り、宮川花子が相槌を打つ役割であったが、周囲の勧めもあって、現在の形に変更して評判になる。
その後、上方漫才の賞をいくつも獲得し、現在の地位を確立。
1988年、胃の手術をした宮川花子は、後に胃がんだったと告白。
また、1990年には大助氏がのどのポリープを切除、95年には胆石手術もする。
2007年には、大助氏が脳出血のため入院。
色々なことがあったが、病気とともに夫婦の危機も乗り越え、仲の良い夫婦漫才として活躍中。2016年、結婚40周年を迎えた。
2017年には夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」として紫綬褒章を受賞。
list page