トップ

安藤 和津 氏
安藤 和津
エッセイスト、コメンテーター

第5回 2019年 9月23日(月・祝)

「介護から学んだ大切なこと
~認知症の母と過ごして~

講師


安藤 和津 あんどう かづ

肩書き


エッセイスト、コメンテーター

略歴


1948年3月6日、A型、東京都生まれ。
学習院初等科から高等科、上智大学を経て、イギリスへ2年間留学。1979年、俳優/映画監督の奥田瑛二氏と結婚。映画監督の安藤桃子は長女、女優の安藤サクラは次女。
NHKやCNNのキャスターを務めた後、TV・ラジオなど多数の番組に出演。教育問題、食、自身の介護体験などをテーマにした講演会などもおこなう。
文科省、厚労省などの審議会委員も務める。
著書に絵本「月うさぎ」*夫婦共作(あすなろ書房)日本図書館協会選定図書・全国学校図書館協議選定図書、「忙しママの愛情レシピ121」(講談社)、「オムツをはいたママ」(グラフ社)、「“介護後”うつ~「透明な箱」脱出までの13年間~」(光文社)等多数。

現在の主な活動


YTV「情報ライブ ミヤネ屋」13:55~15:50(全国放送)など
エンジン01文化戦略会議 メンバー
法教育推進協議会委員(法務省大臣官房司法法制部主催)
福島県しゃくなげ大使(福島県親善大使)
高知県観光特使
富山県高岡市観光特使

これまでの活動(TV)


2013年~
YTV「情報ライブ ミヤネ屋」
CTV「ショップチャンネル」
BSポシュレ「ポシュレ」
FTV「ジェネレーション天国」
NTV「PON!PON!ポシュレ」
Eテレ「団塊スタイル」
NTV「解決!ナイナイアンサー」
NHK「ドクターG」
テレビ朝日「Qさま!!」
KTV「セキララ小町」
TBS「緊急!池上彰と考える“巨大地震”…その時命を守るために」
CX「バイキング」
CX「痛快TV スカッとジャパン」
など

これまでの活動(出版)


別冊「カレー料理日本探訪」
夫婦共作絵本「月うさぎ」(あすなろ書房) 日本図書館協会選定図書・全国学校図書館協議選定図書
「Momoko&Sakura 女盛りは子育て盛り」(文化出版局)
「あいうえお 安藤和津の主婦と生活」(PHP研究所)
エッセイ「愛すること愛されること」(講談社)
「てきぱき家事絵本」(小学館)
翻訳本「ピーターパン・パートナー」(祥伝奢)
「忙しママの愛情レシピ121」(講談社)
夫婦共作絵本「さくらうさぎ」(三起商行「ミキハウス」)
「オムツをはいたママ」(グラフ社)
※実母の介護生活の中で様々な問題を抱えながらも前向きに、立ち向かっていく様子を、介護システムの疑問点も交えながら軽妙な筆致で描いている。読む人の心を強く打ち、介護にあたる多くの人へのエールとなる。
小説「長い散歩」(学習研究社)
※奥田瑛二監督作品モントリオール世界映画祭グランプリ含む三冠受賞の映画「長い散歩」の小説化。劇中に登場する絵本「ねぼすけぴーちゃん」(絵:奥田瑛二 文:安藤和津)も同時収録
「“介護後”うつ~「透明な箱」脱出までの13年間~」 (光文社)

主な活動歴


文部省教育課程審議会委員
文部省教育職員養成審議会委員
国税庁国税審査会委員
東京都児童福祉委員会
北海道洞爺湖サミットロゴマークの審査委員(内閣府)
高齢者等が一人で安心して暮らせるコミュニティづくり推進会議委員(厚生労働省)
エネルギー情報研究会議委員(財団法人社会経済生産性本部主催)
下関市文化振興財団 理事長
オーガニックベースレストラン 「51/28(ごはんや)」「キッチンシュフシェフ」プロデュース

CM


花王消臭ストロング
list page 

毎日新聞

毎日通販